快適・健康に配慮・ローメンテナンス・耐震・耐久・長持ち・結露・カビに強い 家づくりは低燃費住宅 埼玉西にお問合せ下さい。

こだわりの高品質建材

  • HOME »
  • こだわりの高品質建材

低燃費住宅の性能は、現時点で考えられるこれ以上ない
最高性能を持った建材にこだわることで実現しています。

私たちは省エネ住宅先進国ドイツのノウハウを学び
グローバル基準の省エネ住宅=低燃費住宅をつくりました。

 

こだわり建材その1_ハイブリッド断熱工法

断熱材は住宅会社によって外断熱派と内断熱派に分かれています。
どちらにも長所・短所があることから、外断熱・内断熱を良いとこどりで組み合わせた「ハイブリッド断熱工法」を低燃費住宅は採用しています。
内断熱は「充填断熱」、外断熱は「付加断熱」と呼ばれ、両方を組み合わせて初めて正しい断熱というのがヨーロッパの住宅では常識なのです。続きを読む

 

こだわり建材その2_トリプル断熱ガラス樹脂サッシ

高性能な住宅を建てる上で、窓は住宅の中で断熱・気密・遮音に最も弱い部分です。
建物全体の熱損失でみた場合、全体の40%が窓からの熱損失と言われています。
そのため、窓の断熱性能が低い家では、壁の断熱材をいくら増やしても、それに見合った効率の良い冷暖房効果は得られません。
窓の断熱性能を向上させることは「建物全体の断熱性能を向上させる」上で費用対効果に優れた部分なのです。続きを読む

 

こだわり建材その3_内部結露対策

湿気大国なのに湿気を軽視しているから、日本の家の寿命は短くなってしまいました。
結露の発生しやすい環境は、1年間の季節の中で二度あります。
1つ目は冬場に室内外の温度差で発生する「内部結露」。
2つ目は夏場のエアコンによる室内外の温度差で発生する「逆転結露」です。続きを読む

 

こだわり建材その4_熱交換換気システム

この換気システムは、蓄熱エレメント+ファンで構成された換気ユニット二台が一対となり70秒ごとに給気と排気を繰り返します。
メンテナンス性の悪い長いダクトを用いたものと違い、ダクトレスで壁に独立して設置されるタイプですので、点検やお掃除も手間要らずの構造です。続きを読む

 

こだわり建材その5_外付けブラインド

構造的に室内の温度が外気温に左右されにくい建物にする省エネ住宅の考え方(パッシブデザイン)には「高断熱」という機能は不可欠です。
そして、より少ないエネルギーで室温を快適に保ち、建物の省エネ化を図るために、最も重要なポイントの一つが「窓」。
夏は直射日光の熱を遮断して室温上昇を抑え、冬はそれを取り込むことで冷暖房費の大幅な節約につながります。続きを読む 

こだわり建材その6_自然素材の内壁

人工科学物質を使っていないため、空気環境を悪化させません。
上からの塗り替えが7~8回程度可能で、一度張ると基本的に一生涯クロスの張り替えが必要有りません。
地球環境にやさしく経済的な素材です。
ホタテ貝殻はポーラス(孔)が大きく詰まりにくく、効率的に臭いの分子を吸着しますので、高い消臭効果を長期に渡って持続することが可能です。続きを読む

お気軽にお問い合せください TEL 0120-414-552 受付時間 9:00 - 18:00[年中無休]

PAGETOP
Copyright © 低燃費住宅 埼玉西(齋賀設計工務) All Rights Reserved.