低燃費住宅は、壁の中や基礎など完成後は『見えないところ』に沢山のこだわりがあります。

 

今回は構造見学会でも見ることの出来ない基礎部分をご覧いただきたいと思います。

 

基礎部分で最も目にすることが少ない部分としてコンクリート打設前の基礎配筋部分があります。
※基礎配筋までの大まかな流れ
地盤補強工事完了→防湿シート敷き→捨てコンクリート→墨出し(配筋工事の基準とする線を捨てコンクリートに表示すること)

基礎の要となる配筋は、細かな基準が設けられており配筋の形状・鉄筋の径・配筋の配置・配筋のレベル・配筋のピッチなどなど、沢山のチェックポイントがあります。

配筋完了後、図面通り配筋されているか設計図を元に確認し、JIO(日本住宅保証検査機構)による基礎配筋検査を受けます。

検査に合格するとコンクリート打設し、養生期間を経て型枠を外し、仕上げをして皆さまが良く目にする基礎部分が完成します。

 

低燃費住宅では上記のように基礎部分完成→土台敷きとはなりません。
耐久性・耐震性に優れシロアリや腐れに強い『緑の柱』を使用したハウスガードシステムを標準で採用しているので、床下配管部分への防蟻処理を施します。

基礎からのシロアリ侵入を未然に防ぐため、下画像の『シロアリ安心セット』で基礎形状に合わせた隙間のコーキングや、防蟻剤塗布を行い、シロアリの侵入を防ぎます。

(この配管防蟻処理は、10年に一度のメンテナンスが必要です)

シロアリの侵入経路になりやすい配管部分には「コシコート」と言う青い防蟻剤をたっぷりと2回塗布。

配管周りの隙間は「コシシーラー」でしっかりと埋め、シロアリの侵入をシャットアウトします。

ハウスガードシステムでは、マイトレックACQと言う薬剤を加圧注入した緑の柱を使用します。(緑の柱:詳しくはこちら)
加圧注入処理は木材の表面から10mm以上の深さまで薬剤が浸透しますが芯の部分まで浸透させることは出来ません。
プレカット加工すると芯の部分が出てきてしまうのですが、その部分には防蟻剤「コシマックス」を現場で塗布していきます。

一本一本丁寧に防蟻処理を施した緑の柱が大事な家を支える土台として敷かれて行き…

床断熱施工され…

この後、合板→気密テープ・気密シートで気密処理が施され、構造見学などでご覧になれる床部分の状態になります。

 

基礎部分以外にも、玄関土間部分は基礎の型枠を外した後にコンクリートを流し込みタイルなどで仕上げてしまうので、どういった処理を施されているか実際に見ることは難しい部分です。

低燃費住宅では玄関土間部分やユニットバスの床下にも断熱処理を施します。

※ユニットバスの床下部分は構造見学会でご覧になれます。

①お風呂や玄関土間部分の断熱は基礎断熱になるため、床断熱との境目になる部分の気密断熱欠損が生じないように細かな処理が必要
②改正省エネ基準でこの部分は断熱構造が必須ではない

上記二つの理由により、土間部分を無断熱仕様にしているメーカーや工務店などもありますが、この部分の断熱を怠ってしまうと、ヒートブリッジによる結露の原因や、『高気密高断熱の家にしたのに玄関や浴室が寒い』と感じてしまう家になってしまいます。

完成後は見えないところは完成後に簡単に直せる部分ではありません。
低燃費住宅は、あらかじめ先のことまで考えて、完成後には見えないところの標準仕様が充実しています。