快適・健康に配慮・ローメンテナンス・耐震・耐久・長持ち・結露・カビに強い 家づくりは低燃費住宅 埼玉西にお問合せ下さい。

家は長期的視点で選ぼう

  • HOME »
  • 家は長期的視点で選ぼう

「高気密・高断熱」の家は、価格も『高価格』と思っていませんか?

家を建てる際は、どうしても初期投資(建築費)に目が行きがちです。
でも、30年以上暮らす住宅はランニングコストやメンテナンスなど、長期的な視点で見る必要があります。

家を建てる上で大事なのは「最初にいくらで買ったか」ではなく、「将来かかるお金も含めて、いくら掛かるのか」という視点の切り替えです。

確かに、初期投資だけで考えると、「高気密・高断熱」の高性能な家は『高価格』ですが、その後の『30年以上暮らしていく上での費用』も考えると、高性能な家は、結果的にはお得になるのです。

低燃費住宅に暮らすと、お金がかからない

最も分かりやすいのは、光熱費です。

家の性能をあげることで、快適性を損なうことなく、毎月支払い続ける光熱費を大幅に減らすことができます。

一般的な住宅を建てた場合との初期投資の差額は、この光熱費の削減分だけで賄うことができます。

また、高性能な家は耐久性があるため、メンテナンス費用も大幅に削減されます。
※低燃費住宅の光熱費や、一般的な家と比べた予算について、詳しくはこちら

さらに、低燃費住宅の家で暮らすと、他にもお得なことがたくさんあります。

 

多くの家電が不要になる

低燃費住宅(例:30坪)の家の場合、夏も冬も、エアコン1台で家全体の温度や湿度を管理できます。

ということは、一般的な住宅では必需品とも言える

・部屋ごとのエアコン
・床暖房やこたつ
・ファンヒーターなどの暖房器具
・加湿器
・除湿機

などなど、さまざまな家電が不要になります。

また、数年毎に買い替える必要もないのでとても経済的です。

 

 

不要な季節用品も多くなる

一年を通して室内の温度を一定に保つ家なので、家電以外でも不要になるものがたくさんあります。

それが顕著にわかるのは冬です。

・厚手の布団や毛布
・膝掛け
・湯たんぽ
・寒さ対策の衣料品(家の中で着るフリース、厚手の靴下やレッグウォーマー、腹巻き、冬用パジャマ)
・スリッパなど

上記のような自宅で使う防寒用品が要らなくなります。

暖房器具などもそうですが、これら季節用品の収納スペースも不要なので空間を有効に使うことができます。

夏の場合、家の中ではあまり汗をかかないので、必要な替えのシーツやタオル、衣類が減り、洗濯の頻度も下がります。
その他、一般的な家では思わず欲しくなる暑さ対策のグッズも必要ありません。

 

消耗品の使用が減る

暑さ・寒さ・湿気対策の消耗品はもちろんのこと、一般の家と比べて空気がきれいで埃がたまりにくく、掃除用品、ティッシュ(特に花粉症やアレルギー持ちの方)など、

ひとつひとつはそれほどの額ではありませんが、それらを何年も買い続けることを考えると、その金額は膨大です。

その分のお金を本当に必要なもの、欲しいものに使うことができます。

 

 

暮らしが豊かになる

暑さ寒さ、湿気などに悩まされないことで医療費を削減することができます。

さらに、お金に換算できない生活の豊さがあります。

例えば、冬に窓際でも寒くなかったり、夏のロフトでも暑くないので、家を隅々まで有効活用することができます。

また、夏も冬も快適なので活動量が減らず、時間も効率的に使えます。

そして家に関するストレスが少ないというメリットもあります。

これらは金額で表せませんが、結果として暮らしや家計への大きなプラスになるはずです。

 

長期的な視点ではじめる家づくり

「性能の低い住宅を安く購入し、高い光熱費を払いながら、快適に過ごすための品物を買い足していく暮らし」

「性能の高い住宅を高く購入し、安い光熱費で快適に暮らせるため、快適に過ごす費用は最低限で済む暮らし」

どちらがより豊かに暮らせる住宅なのか…『30年以上暮らしていく上での費用』も家づくりの初期段階から考えて欲しいと思います。

PAGETOP
Copyright © 低燃費住宅 埼玉西(齋賀設計工務) All Rights Reserved.