快適・健康に配慮・ローメンテナンス・耐震・耐久・長持ち・結露・カビに強い 家づくりは低燃費住宅 埼玉西にお問合せ下さい。

よくあるご質問

  • HOME »
  • よくあるご質問

低燃費住宅についてQ&A

 

Q: 「低燃費住宅」の家は、夏も冬もエアコン一つで快適と聞きました。なぜ温度が保てるのです?
Q: 窓が結露しないと聞いたのですが、本当ですか?
Q: 耐震性は大丈夫ですか?
Q: 床暖房はついていますか?
Q: 「高断熱」はいいのですが、「高気密」と聞くと、息が詰まるようなイメージがあるのですが・・・。
Q: 一般的な光熱費はどれくらいですか?
Q: どうして、宿泊体験や構造見学会を行っているのですか?
Q:「低燃費住宅」の家を建てる場合、一般的な家と比べて予算は多くかかりますか?
Q: 家の工事を外注することはありますか?
Q: 工期はどれくらいですか?
Q: 施工エリアはどこですか?
Q: 土地を探すお手伝いもしてもらえますか?

 

Q: 「低燃費住宅」の家は、夏も冬もエアコン一つで快適と聞きました。なぜ温度が保てるのですか?

A: 通常、エアコンは部屋の広さに合わせて、6畳用、8畳用などの設定がされていますが、これは断熱がきちんとされていない、一般的な住宅の場合です。「低燃費住宅」の場合、外壁や床、屋根などの断熱が厚く、また、窓からの熱の出入りが非常に少ないので、部屋の広さに比べてかなり小さいエアコンの出力で、家全体を暖めたり、冷やしたりできます。そのため、一軒家でもエアコン1台の出力で十分に足りるのです。   top↑

 

Q: 窓が結露しないと聞いたのですが、本当ですか?

A: 本当です。結露は、室内の湿気が冷たい窓ガラスやサッシに触れて発生するものです。断熱性能に優れた「低燃費住宅」では、家の中の一部だけが冷たくなることはありません。そのため、基本的に窓が結露することはありません。家や窓の仕組みについて、詳しくは「低燃費住宅の家」をご覧ください。   top↑

 

Q: 耐震性は大丈夫ですか?

A: 耐震等級は1〜3の等級があり、その中で最高の耐震等級3に対応した設計をしています。新築時の耐震性能が高いのはもちろんですが、それが継続することが「低燃費住宅」の特徴です。一般的な家では、時間とともに柱や壁など構造が劣化するため耐震性は落ちていきますが、ハウスガードシステムにより、新築時の状態を維持することができます。   top↑

 

Q: 床暖房はついていますか?

A: 床暖房はついていませんが、「低燃費住宅」は家全体が暖かいので、足元だけ冷え込むということはありません。床が暖かく感じられるため、床暖房をつける必要がないのです。「低燃費住宅」は、省エネになるのはもちろん、修繕の可能性を減らすためにも、できるだけ機械や家電に頼らない構造になっています。   top↑

 

Q: 「高断熱」はいいのですが、「高気密」と聞くと、息が詰まるようなイメージがあるのですが・・・。

A: それは誤解です。断熱と気密は必ずセットにして考える必要があります。断熱だけしっかりしていても、気密性が低いと、家の中の暖かい(涼しい)空気が逃げていってしまうからです。また計画停に換気を行い、いつも室内の空気を新鮮にしておくためにも、気密性は重要です。気密性能が悪い住宅は、ストローの管の途中に穴が空いているようなもので、きちんと空気が流れず適切な換気ができません。夏も、冬も快適な空間を維持するためには、断熱と気密がしっかりしていることが欠かせません。    top↑

 

Q: 一般的な光熱費はどれくらいですか?

A: 「低燃費住宅」の家で暮らした場合、光熱費は年間の平均が8万円〜10万円になります。関東地方での平均は25万〜30万円、東北地方では30〜35万円ということを考えると、光熱費は半分以下に抑えられます。光熱費(エネルギー)のうち、暖房や冷房、給湯など、温度を調節するために使われる割合はかなり多いのですが、「低燃費住宅」は家の中の温度が常に保たれていることで、そのエネルギーが最小限で済むのです。「低燃費住宅」は、不要なエネルギーを使わなくていいように作られた家だと言えます。   top↑

 

Q: どうして、宿泊体験や構造見学会を行っているのですか?

A: 日本にはまだ、「低燃費住宅」のような高性能な住宅はあまりありません。宿泊体験では、”試しに一晩家族と住んでみる”ことで、一般的な住宅との違いを体感していただけます。例えば、真冬の朝に起きたとき暖房を入れなくても寒くないことや、真夏に冷房をほとんど入れなくても涼しいことが体感できます。住宅より安い車は多くの方が試乗しています。さらに安い服でさえ試着をしてから買うのが一般的です。長年暮らすことになる家を買う際には、ぜひ宿泊体験をした上で決めていただきたいと考えています。
構造見学会では、快適に暮らすための家の構造(断熱軀体)をご覧いただけます。一度家が完成してしまうと見ることができない家の構造は、私たちが最もこだわっている部分です。また、家づくりの行程を全てオープンにできることは、私たちの自信の証でもあります。   top↑

・宿泊体験について、詳しくはこちらをご覧ください。
・宿泊体験をした方の感想はこちらをご覧ください。

 

Q:「低燃費住宅」の家を建てる場合、一般的な家と比べて予算は多くかかりますか?

A: 「低燃費住宅」は注文住宅なので、家の大きさやデザインなどにより予算が異なります。逆に言えば、総予算に合わせてどのような家にするかを決めることができます。そして、一般的な住宅と比べた場合、初期投資(建築費)は少し高くなりますが、建ててからの経済性が高いため、長期的に見ると、実際には安くなります。以下の例をご覧ください。

*1 全額ローンで、借入期間35年、金利0.8%の場合
*2 10年後にリフォームなどで掛かるメンテナンス費用。低燃費住宅の場合は約30万円、一般的な住宅の場合は約100万円

 

実際に家にかかるお金は、毎月のローン返済額だけではなく、光熱費などのランニングコストやメンテナンスのための積立などを含んだ月額固定費です。この例の場合、初期投資は割高でも、「低燃費住宅」の方が月額固定費は3,386円少なくなり、10年間で406,320円安くなることがわかります。同じお金を払うならば、光熱費や修繕費ではなく家自体に使った方が、経済的であるのはもちろん、生活の質を高めることができます。低燃費住宅での暮らしについては「低燃費住宅に住む」をご覧ください。      top↑

 

Q: 家の工事を外注することはありますか?

齋賀設計工務が建てる家は、すべて自社の職人による施工です。特に高性能な「低燃費住宅」のような家を建てるためには、高度な技術とノウハウが必要です。そのため、外部への発注は一切せず、最初から最後まで、熟練した職人たちが丁寧に手づくりしています。詳しくは「家づくりへの想い」をご覧ください。      top↑

 

Q: 工期はどれくらいですか。

工事を始めてから家ができるまでは、約6ヶ月が目安となります。資金計画を組んだり、間取りを決めたりする計画段階からだと、1年間くらいというお客様が多いです。詳しくは「低燃費住宅の家をつくる」をご覧ください。    top↑

 

Q: 施工エリアはどこですか?

A: 埼玉県全域と東京都西部となっておりますが、それ以外の地域もご相談ください。      top↑

 

Q: 土地を探すお手伝いもしてもらえますか?

A: もちろん、お手伝いできます。齋賀設計工務は45年以上、地元で土地探しから家づくりまで手がけてきました。その経験や業者とのつながりを駆使してお手伝いいたします。「低燃費住宅」は土地の特徴を最大限に活かして、家の配置や間取りを考えるのが特徴です。また、総予算に合わせて、家と土地にかけるお金のバランスを取ることもできるので、土地の購入から考えていらっしゃる場合は、ぜひご相談ください。    top↑

 

 

PAGETOP
Copyright © 低燃費住宅 埼玉西(齋賀設計工務) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.