快適・健康に配慮・ローメンテナンス・耐震・耐久・長持ち・結露・カビに強い 家づくりは低燃費住宅 埼玉西にお問合せ下さい。

本当の『高気密・高断熱』の家の見分け方

  • HOME »
  • 本当の『高気密・高断熱』の家の見分け方

日本に高気密高断熱住宅の基準は無い!?

最近は家の性能が重要視されるようになり、『高気密・高断熱』を謳っているハウスメーカーや工務店が増えてきましたが、日本の『高気密・高断熱』の基準はとても曖昧なことをご存知ですか?

実は、具体的にどの基準を満たせば高気密高断熱住宅になる、といった基準が今の日本にはありません。

そのため、チラシやウェブサイトで「高気密・高断熱の家」と言っていても、実際の性能はハウスメーカーや工務店によって大幅に違うのが現状です。そこで、家を選ぶ側がその違いをきちんと知る必要があります。

本当の「高気密・高断熱の家」を見分けるポイントとして、2つの数値があります。一見、難しく感じるかもしれませんが、見分け方は簡単です。

2つの数値で見分けよう

ポイント①相当隙間面積の数値を知ろう!

気密性を表す「C値(相当隙間面積)」をご存知ですか?

これは、延べ床面積1平方メートルあたりに隙間が何平方センチメートルあるかを示します。

現在のところ日本には国の基準としてC値基準がありません。

H25年省エネ基準から気密性能基準は削除されました。

2020年に義務化されるはずだった基準でもC値の基準はありません。(※2018年末に義務化見送り決定)

 

2013年までは寒冷地でC値2.0、その他の地域でC値5.0と言う基準値(次世代省エネ基準)が存在しましたが、その基準値も気密住宅とするには隙間が大きいと指摘されるレベルでした。

以前の基準値、C値5.0は隙間だらけの家と言っても過言では無いレベルで、寒冷地以外でも暖かい住宅にするには最低限C値2.0以下、さらに可能であればC値1.0以下が推奨されています。

「低燃費住宅」の基準はC値0.25以下が厳守で、全棟測定結果の平均はC値0.2を下回っています。

同じ建材を使い同じ間取りの家を建てても施工の丁寧さが違えばC値に大きな差が出来てしまいます。
良い数値が出るように施工した実験棟の数値では、そのメーカーが建てる家の気密性能の目安にはなりません。
実際のお客様の家、一棟一棟測定した平均の数値を知ることが大切です。

ポイント② 外皮平均熱貫流率

もうひとつは断熱性能を表す「UA値(外皮平均熱貫流率)」です。

これは、家から逃げる熱の量を示す値で、数値が少ないほど熱が逃げにくく暖かいということです。

H25年基準を一部見直した、現行基準のH28年省エネ基準で、関東は、UA値0.87になっており、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)基準での数値は0.6以下、HEAT20の推奨水準はG1で0.48、G2で0.34となっています。
※HEAT20についてはHEAT20公式HPでご覧ください。

低燃費住宅は標準仕様で全ての基準をクリア

低燃費住宅の基準はUa値0.28以下ですので、国が定めた基準の3.1倍近いレベルの断熱性能があり、HEAT20の推奨水準ではG2の寒冷地水準と同じ値になりますので、標準仕様で全ての値をクリアしています。

※H28年基準相当は、無断熱が多い日本の既存住宅と比較するとそれなりの断熱性能があると言えます。しかし、高気密・高断熱の住宅の中では最低限のレベルなので、高性能の家とまでは言えません。

(Q値=2013年まで住宅の断熱性能を判断するのに使用されていた数値。現在はUa値で断熱基準が判断されていますがより細かな断熱性能を求めるときなどに現在でも使用されています。)

 

断熱性能は断熱材の性能だけではなく窓や玄関ドアの性能も大切です。
窓は枠の材質(アルミ・樹脂)などに目が行きがちですが、窓の大半を占めるガラスの断熱性能も重視してください。
近年はペアガラスが主流になりつつありますが、気密断熱性能に富んだ家をお考えならトリプルガラスをお勧めします。

 

ハウスメーカー・工務店に聞いてみよう!

気密・断熱性能が良い家を探している方は、ハウスメーカーや工務店をめぐるとき、次のことを必ず聞いてみてください。

①C値・Ua値について
 ・目指している値
 ・実際の値

②一棟一棟気密測定をしているか?

質問にきちんと答えられる知識があり、数値がよく、さらにその数値が一棟一棟全て測定している平均値であれば、本当の「高気密・高断熱の家」を建てているハウスメーカー・工務店だと言えます。

 

低燃費住宅はこだわります

実は日本では、「高気密・高断熱」にこだわって家を建てている会社はまだ少ないのが現状です。
決してレベルの高くない現行の省エネ基準相当(C値5.0程度、UA値0.87)の性能で、「高気密・高断熱の家」と宣伝しているところもあるので、気をつける必要があります。

「低燃費住宅」は、高気密・高断熱の家づくりに徹底して取り組み、世界でもトップレベルの性能を誇る住宅を日本全国につくってきました。

必ず一棟ずつの「気密測定」を構造時と完成時の2回行っており、低燃費住宅基準のC値0.3以下の数値になる確認も徹底しています。
「しっかりした高気密・高断熱の家を選んで良かった!」と時間とともに実感する家だと、自信を持って言うことができます。

CO²削減に向けて、2030年には現行省エネ基準を大きく上回るZEH基準以上の高性能住宅が、半数以上になるよう国が目標を掲げています。
これから家づくりをお考えの方は、是非本当の高性能住宅をお選びください。

 

PAGETOP
Copyright © 低燃費住宅 埼玉西(齋賀設計工務) All Rights Reserved.